2017年09月16日

天然紅鮭

北海道加工 天然紅鮭

価格:1,980円
お取り寄せ

極上の味わい!天然紅鮭が超目玉価格!

旨みが鋭く、たっぷりとのった脂!

身がふっくらと脂たっぷりの絶品の味わい!極上の一品!天然紅鮭!
目にも鮮やかな朱色に染まったボディ。
腹の部分には、白い脂の筋がスーッと引かれています。

焼き始めるとオレンジの脂がじゅーっと沸きだします。

うまみたっぷりで、ふわっと柔らかな身は、
塩でギュッと閉じ込められ、噛むごとに紅鮭の旨さが広がる絶妙の味わい!

もちろんウロコも柔らかくお肌のツヤもよく
皮がカリッと焼きあがるのでとっても香ばしくいただけます。

旬のよい時の原料を厳選して切り落とし、ふっくらの紅鮭の食感を残します。

北洋の海を駆け回る紅鮭は、鮭類の中でも高級品!
鮭の旨みを味わうなら紅鮭がおすすめ!

おもにロシア、アラスカ、カナダなど北洋などの北太平洋に生息する天然物です。

鮭の中でも一番味が濃厚で、昔から高級鮭として日本人に好まれます。

北洋の荒波の中で2〜5年間もまれて大きくなり、
脂がのっているときに獲った紅鮭だから美味しいのです。

塩がよくなじんで、味わいもよくごはんやお茶漬けにもよくあいます。
とっても簡単に焼けますし、冷めても美味しいので、
おにぎりやお弁当作りにもぴったり!



posted by 北海道グルメ at 18:24| 魚介・お魚・カニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

北見産 真白(白い玉ねぎ)

北見産 真白(白い玉ねぎ)
価格:2,840円
お取り寄せ

玉ねぎ王国北海道が生んだ白い玉ねぎ

生で一口食べれば、玉ねぎ本来のまっすぐな味に気づくでしょう。
しゃきしゃきの食感、辛味の少なさ、そして甘み。
これがサラダにはもちろん、どんな料理にもよく合うんです。

生でも辛み少なく甘味が際立つ。
希少な道産「ねこ足昆布」や羅臼産「鮭の削り節」など厳選した海の幸9種を
贅沢にブレンドしています。
無添加だから、小さなお子様にも安心。
調味料を加えておりませんので、ご家庭でのお好みの味付けや
オリジナルソース作りなどもお楽しみいただけます。

限られた生産者の手におって大切に育てられた「真白」

posted by 北海道グルメ at 18:54| 農産品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

北海道産とうもろこし 雪の妖精

北海道産とうもろこし 雪の妖精
お取り寄せ
販売価格: 3,580円
農家さん泣かせの「幻のとうもろこし」

「雪の妖精」は、白い粒のとうもろこしです。
「白いとうもろこし」はとても繊細で、「黄色とうもろこし」の花粉が入らないよう、
300m以上間隔をあけて栽培するため、大変な労力がかかります。
作っている農家さんがとても少なく、市場にあまり出回りません。

「雪の妖精」の糖度は平均17度あります。
桃の糖度は約13度ですので、フルーツよりも甘いとうもろこしです。
生のままお召し上がりはもちろん、茹でると、さらに甘みが増します。
「ピュアホワイト」と比べて、サイズが一回り大きく、甘みと旨みがアップしました。

甘さが自慢の雪の妖精
フルーツを超える甘さのとうもろこしを食べたことはありますか?
雪の妖精は、とうもろこしのイメージがガラッと変わること間違いなしの美味しさです。
農家さんの手間と愛情がたっぷり詰まったとうもろこしです。


posted by 北海道グルメ at 23:33| 農産品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

海宝珠漬

接待の手土産

お取り寄せ
販売価格: 5,000円
黄金の輝き海宝珠漬

贅を極めた素材、追求された職人技、圧倒的な存在感

どれも欠けることのない究極の味を求めました。

まるで宝石箱。
イクラにウニ、ホタテにアワビ…10種類の海鮮を心ゆくまで堪能。
甘辛い…だけど優しい絶妙な味付けがごはんの美味しさを引き立てます。
ご贈答としても大変喜ばれ、定期的にご購入されるリピーターのお客様も多数
いらっしゃいます。

こだわった松前漬をこの個性豊かな素材たちを旨くまとめる役目にする為、
隠し味に北海道の昆布を10種類ブレンドしました。

口に入れるととろける儚い味わいのエゾバフンウニ。
その味は万人を虜にします。
職人技で軽く蒸すことで香りと旨みもさらに引き立てます。

海の宝石。紅いキャビア。
その味を極めるには、素材選びから。
漁獲エリアと時期を限定して選ぶことにより、
まだ卵の皮が柔らかく口どけのよい最高のいくらを作ることが出来ます。

豪華な食材を更に際立たせるホタテ本来の柔らかく、旨みのある味を活かしつつ、
どの素材とも相性のよい味付けにこだわりました。

古くは平安時代の貴族が好んで食していたとされる「あわび」。
誰しもがあこがれる味ですが、なぜ北海道のあわびなのか…それはえさの違い。
海藻類の多い肥えた海がある北海道はあわびに最適な生育環境です。
冷たい豊潤な海でしっかりと身の締まって旨みをもったあわびはまさに究極の食材です。



posted by 北海道グルメ at 18:47| 魚介・お魚・カニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする